REvolution Rotary Legends ANNEX

ひたすら淡々と更新。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

93.7 

2012.03.11 11:08

昨夜は沙乃会でした。

年に数回、僕が手術を教えた弟子達が集まってくれます。
みな今は独り立ちしています。3人は独立しており、一人は総合病院の部長をしています。
超多忙な中、わざわざ佐賀まで長崎や福岡からありがとね。
ちなみに僕がいちばん年下です(笑)

僕の一番弟子が、他の弟子達と最後に会食した場所で行われます。
佐賀の鮨屋ですが。

一番弟子は、唯一出身大学が違い、内科を数年経験した後、眼科に転科してきました。
手術に興味があったけど、怖い先輩ばっかりで萎縮してなかなか上達してませんでしたが
僕が、医者を辞めてドリフトを始めていた30歳の時に、プライドを捨てて後輩の僕に打診して
きたのでした。(僕が退局して大学から離れていたので、こっそり呼べるからです。)

正直、全く明後日の方向に彼女の手術は進んでしまっており、一旦完全にリセットして
1から全部教え直しました。
僕より年上で、僕が新人時代は先輩でしたが、恥を捨てて何でも分からない事は
聞いて来ました。

これは僕の今の、ドリフトなどの基本姿勢にも少なからず影響を受けている行為です。
分からない事は、まずは自分できっちり調べて、それでもすっきりしないなら
分かってる人に聞く。

いちお、免許皆伝しましたが、彼女が独立開業した後も僕を頼ろうとしたので
とても継続して払えない法外な報酬を初回に請求し、僕を呼べなくして独り立ちさせました。

その後、いろいろ分からない事は相談を、メールや電話で受けてましたが
数年後には、手術で他の病院に呼ばれて指導する立場にまで成長したので
嬉しかったです。

その関係で、彼女の親しい友人から声が掛かる様になり
今まで手術をしたくても怖くて出来なくなっていた人に手術を教える縁になりました。

手術は人間相手なんで、教える側も、教えてる人が大失敗をするのを避ける為には
早々に取り上げるのが、最もリスクが少ないのですが、そうしたら不器用な人は
いつまでたっても成長せずに、毎回怒られるばかりで、ついには萎縮して、諦めてしまうのです。

僕が独立して、患者さんが全くいないで借金だけが増えて行ってる時に
わざわざ福岡から手術の患者さんを紹介してくれてました。

今後も、奢ることなく、初心に戻っていろんな人に鍛えられながら
頑張らないといけないと思ったのでした。
スポンサーサイト
カテゴリ → おしごつ | トラックバック(-) | コメント(0) |

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。